製品情報

Mコート

●製品別カテゴリ >
●機能別カテゴリ >

ステンレスねじ用焼付き防止処理

画像:Mコートカタログダウンロード(PDF)
「Mコート」処理とはステンレスボルト・ナットの焼付き防止対策として、丸ヱム製作所が開発したテフロン系潤滑剤皮膜処理のことです。

特長

  • 焼付き防止効果が大きい
  • 食品衛生法・食品添加物規制法の規格基準(※)に合格

食品衛生法、食品添加物等の規格標準(昭和34年厚生省告示第370号)、
個別規格に規定された以外の合成樹脂製の器具又は容器包装
(最終改正:平成24年厚生労働省告示第595号)に基づく試験

データ(Mコートの焼付き防止効果確認試験)

目的
「Mコート」を施したステンレス鋼製ボルト・ナットが、焼付きを引き起こしやすい条件下(下図)でも焼付くことなく締結できるかを確認する。
試験方法
焼付きが発生しやすい条件として、ボルト・ナットを下図のように組合せ、ナットに締め付けトルクを加える(繰り返し5回)。その後ナットを緩め、焼付きが発生したかどうかを確認。
締付けトルク
図:締付けトルク呼び径別にトルクレンチでナットに一定の締付トルクを加える。

 

ボルトの材質 ナットの材質 サイズ 締め付けトルク
SUS304系 SUS304系 M8 23N・m(235kgf-cm)
M10 46N・m(470kgf-cm)
M12 80N・m(815kgf-cm)

 

試料No ボルト・ナット共に
Mコート処理
ボルト・ナット共に
Mコート未処理
M8 M10 M12 M8 M10 M12
1 繰り返し5回締め付けたが、焼付き現象は起こらず、ボルト・ナット共にねじ面に異状「カジリ」は認められず。 締め付け1回目で完全焼付きが発生、ナットを取りはずそうとして、ボルトがねじり破断した。
2
3
4
5

関連製品

画像:ナット・座金・割ピン
ナット・座金・割ピン
アッセブリーについて
カタログダウンロード