技術情報

パーツホーマー

丸ヱム製作所は、精密冷間鍛造化によりあらゆる産業界のコスト低減に貢献します。

画像:多段式鍛造機械(パーツホーマー)によって製造された製品例
多段式鍛造機械(パーツホーマー)によって製造された製品例
画像:様々な検査機を用い、高精度な製品を製造
様々な検査機を用い、高精度な製品を製造
画像:成形・応力解析を用い、複雑な鍛造過程をシミュレート
成形・応力解析を用い、複雑な鍛造過程をシミュレート

従来、特殊な段付部品やねじ、あるいは通常の2段打ちヘッダーで成型が不可能な製品においては、棒材からの切削加工や数個の部品を組み合わせて対応していました。このため、高いコストと量的な供給不足、あるいは組立の複雑化等種々の問題が生じています。

この問題を解決するため、丸ヱム製作所では多段打ちヘッダーを駆使し、複雑な形状を冷間で鍛造加工することで、コストダウンと安定供給に貢献しています。

また、丸ヱム製作所の目指す精密鍛造とは、複雑な形状の連続加工だけを目的としている訳ではありません。単純な形状であっても、寸法公差はもちろんのこと、表面粗さや同軸・真円度等の幾何公差の安定化を伴うことが、真のニーズであると考えております。

これら多様化・高度化するニーズに応えるため、丸ヱム製作所では永年培ってきた塑性加工技術をベースに、成形・応力解析によって裏付けられた独創的な圧造工程設計と、これに対応した金型設計~製作、さらには加工条件や要求機能に適した素材の組織研究まで行っています。
(保有設備例:マイクロ5段、中型5段、7段、8段ホーマー等)

メリット

1.コストダウンとスピードアップ
冷間鍛造加工は常温で切粉を出さず、短時間で大量に製作が可能になります。切削品や組付品と比べ安く様々な部品を一つの部品にまとめることで部品管理費の削減などのコストダウンが可能です。
2.高品質で高強度
冷間鍛造加工は寸法のバラツキが少なく、高品質で安定した部品の供給が可能で、さらに連続した繊維状組織と加工硬化(金属繊維が切断されない)で、切削品より優れた強度を発揮します。
3.環境にやさしい
環境面においても冷間鍛造加工は、切削材料に含まれている鉛・セレンを含まない冷間鍛造材料を使用することで、環境に配慮したクリーンな製品の製作が可能です。

行程レイアウト例

Type.1
図:Type.1
Type.2
図:Type.2

Technical information