会社情報

社長の挨拶・経営理念・開発理念

社長の挨拶

これからも我が国産業界のベクトルとともに、『サポーティング・インダストリー』としての自覚と責任で、歩み続けたい。

 本年5月、お陰様で弊社は1927年の創業から90年(1951年の設立から66年)を迎えることができました。1957年の日本初(ブルドック印)ステンレスねじ量産からは、60年です。
 この間の日本経済の成長とともに、数々のねじ製品類のご提供を通じて、弊社をここまで育てていただいたことに、心からの感謝を申し上げます。
 これからも、グローバル社会からの多様なニーズ・ウォンツを開発テーマに置き換え、新しい「ねじ・締結パーツ製品」と「マーケット」の開発に、全社を挙げて一所懸命に取り組ませていただきます。
 開発理念として、「6つのコンセプトとキーワード」を意識しての取り組みです。
 新しい「製品」や「マーケット」の開発に伴い、新しい「製造技術(製法)」や「マーケットリサーチ(分析)」など、多角的にお客様のお悩みや課題を解決できるご提案で、頼りがいのあるサポーターになることをミッションと考え、情熱をもって挑戦をしてまいります。

『心と心を締結』させていただき、『価値あるパートナーシップ』 の構築めざし、顔晴ります。

株式会社 丸ヱム製作所    
代表取締役  松元 收    

経営理念(丸ヱム製作所企業理念)

1.存在意義
我が社は、ねじ・締結パーツ製品の提供により、全産業界の“サポーティング・インダストリー”としての重責を担っている自覚の基に、お客様の繁栄と産業界の発展に貢献することを目的として存在する。
2.経営姿勢
お客様に“強く必要とされる経営”の追求こそが事業繁栄の哲学であり、会社経営の原点である。
  • ・創意工夫によるオリジナルな商品(開発製品)を提供する
  • ・スピーディーな組織行動で他社よりも先駆ける
  • ・公正/公平な判断(評価)・経営を行う
3.行動規範
常に“チャレンジング(新製品・新業態・新戦略・新しいをコンセプトに)”な姿勢で、 自己責任の下、自由にそして創造的に行動する。
  • ・信用(信頼)を重んじ、これを高める為に公正に行動する
  • ・組織体の一員として総合的な成果の向上を目指し、協調・協力しあう
  • ・(全てのお取引先・関係者への)感謝の気持ちを忘れず、笑顔・元気・俊敏な行動を心掛ける

経営ビジョン(将来のありたい姿)

1.市場・産業界でのポジション(対外的評価)
  • ・経営品質の評価を高めると同時に、ねじ業界の技術改革や開発でのリーダーを目指す
2.事業運営の将来像(具体的な運営方法)
  • ・斬新な製品や技術が生まれるような、創造性豊かな経営(人材確保)を目指す
  • ・社員一人一人の生産性をねじ業界一にする
  • ・強靭な財務体質を築く
3.組織と人(組織形態、希望の姿)
  • ・問題解決にあたっては、プロジェクト形式で柔軟な組織で
  • ・情報技術を駆使、場所と時間の制約を超えた仕事の進め方
  • ・(潜在能力よりも)発揮能力を評価し、給与・処遇に反映する
  • ・成果主義で仕事を評価、その積み重ねで自己実現を果たす

丸ヱム製作所開発理念  6つのコンセプトとキーワード

私達は未来を見据えた開発に取り組んでおります。

Concept1
「地球環境の保護」
KeyWord 新エネルギー、リサイクル、ゼロエミッション、etc.

地球環境保護が全世界的な課題となっている今、化石燃料を中心としたエネルギーから、太陽光発電、燃料電池等に代表される「クリーンエネルギー」への進展が必然的な流れとなっています。しかしながら、こうした新領域の製品に必要とされる「締結部品」の開発はまだまだ十分でないのが現状です。丸ヱム製作所では、こうした『地球環境保護』に適切な回答を用意し、多岐にわたる製品を開発。市場への参入に着手しています。

近年の主要実績

燃料電池/太陽光発電システム/風力発電/バイオマス発電/産業廃棄物処理装置・保護シ-ト/モータボート船外機エンジン/ 各種環境測定装置/遮音壁/屋上緑化/生ゴミ処理機/その他

Concept2
「やさしさへの開発」
KeyWord  高齢・高福祉社会、医療・健康、etc.

日本の高齢者死亡率の低下と平均寿命の伸びは、75歳以上の後期高齢者の大幅な増加に結びつき、総人口に占める後期高齢者の比率を見ると、平成12年度は7.0%だが、平成17年(2005年)には8.7%になり平成67年(2055年)には19.5%と大幅に伸びると予測。本格的な高齢化社会の到来に対応するための各種施策の整備が急務となっています。丸ヱム製作所では、こうした高齢化・高福祉領域における「高価・機能的でない」という従来のあり方を覆し、安価で高機能という締結部品を数多く開発してきました。MRIに採用された「虫ねじ」は丸ヱム製作所独自の射出成形技術で生み出されたものであり、また建物施設内での「視覚障害者用誘導ブロック」もその一例です。

近年の主要実績

ホームエレベータ/介護用手摺り/介護ベッド・リフト/電動車椅子/介護ロボット/高度医療機器(MRI)/視覚障害者用誘導ブロック/義肢/福祉車輌/バイオ機器/案内・情報サイン/眼鏡/その他

Concept3
「未来の自動車」
KeyWord 安全運行自動車システム、省エネ・軽量化、etc.

自動車の歴史は、現在第3の世代を迎えていると言われています。第1は、1886年にドイツのカール・ベンツが初めて自動車を世に出した時代であり、第2は米国のフォードが1914年から始めた大量生産の時代。そして第3が2000年に入って大きな展開を見せる「高度道路交通システム」の安全自動車走行システムの時代です。時を同じくするように、ABS・ナビゲーションシステムも新たな展開を迎え、安全走行・運行への期待をさらに高めています。こうした進展を、つねに製品提供者の側から先取りしてきた丸ヱム製作所は、今後もこの「安全運行自動車システム」の展開をさらに加速させる「要素部品」の開発に着手していきます。又、切削部品から冷鍛部品への製造方法の進化でコストダウンに大きく貢献していきます。

近年の主要実績

GPS装置/車輌感知センサ-/視線誘導機器/パワートレイン部品/ABS(アンチ・ロック・ブレーキシステム)/ スタビリティ・コントロール・システム/路線バス運行システム/駐車場管理システム/ETC/その他

Concept4
「つながる世界」
KeyWord 高度情報化社会、クラウドコンピューティング、携帯情報端末、etc.

パソコンなどのIT関連機器は、時代が進むに連れ、携帯情報端末として軽量化と高機能化が進みました。同時に、インターネット通信も高速化、大容量のデータに瞬時にアクセスすることができるようになり、様々なデータに、どこからでもアクセスできる環境を構築する「クラウドコンピューティング」が一般化しました。手軽に持ち運べる端末で、多くの情報、人とリアルタイムにつながることができる、そのような情報化社会の中、丸ヱム製作所の技術や製品は、あらゆる分野をカバーし、情報の伝達、ソーシャルコミュニケーションの一助となるよう、時代とともに歩み続けます。

近年の主要実績

携帯電話施設/PDA(高度情報化端末)/ノートパソコン/光ケーブル機器/ICタグ機器/高速ブロードバンドルーター/無線LAN設備/デジタル放送用アンテナ/無停電電源装置/デジタル家電/デジタル携帯音楽プレーヤー/その他

Concept5
「快適な空間」
KeyWord 高級住宅・高品質リフォーム、バリアフリー、etc.

この数年のリフォームブームと合わせて、住宅購入・住み替えということが高嶺の花ではなくなってきたと同時に、より高級・高品質な住宅を求める声は数多くなってきています。戦後から今日に至るまでの住宅ブームの流れにのって、この領域の締結部品供給で確固たる地位を築いていた丸ヱム製作所も、従来の立場のみでなく、高級住宅化・リフォームへの要求に応える製品開発に着手しています。ゆとりや癒しなどの言葉に代表される新たなキーワードを追って、今また新しい試みを続けているのです。

近年の主要実績

システムキッチン(調理用加熱機器や食器洗い機器)/電子制御給湯器/ホームシアター/オーダーメイド家具/電子制御冷・暖房設備/ 高級サイデイング建材/防音サッシ/ユニットバス・乾燥機/床暖房/電動シャッター・雨戸/その他

Concept6
「みぢかな安心」
KeyWord 安全、セキュリティ、防食技術、etc.

21世紀は、「産業中心型社会」から「人間中心型社会」への移行であると言われます。大量消費・大量生産という枠組みの中に、食品の安全性や自分たちが毎日呼吸する空気など、数年前重要視されにくかったこうした事項が、生活者のマインドに根付き、こうした観点を持ち合わせていない製品は拒絶される時代となってきています。丸ヱム製作所も、こうした時代の変遷を「締結部品」という領域から見つめてきました。安全な食品、クリーンな空気、そして安心して住めるセキュリティ機器の開発についても、多くの製品を開発しています。

近年の主要実績

食品機械・自動コンベアライン/異物検出器/オートロックシステム/セキュリティ関連機器/リモートモニタリングシステム/光触媒空気清浄機/照明灯/濾過装置/金庫/電気防食部品/その他

About us